2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シティーホール制作発表会

2009年4月16日午後、ハイアットリージェンシー仁川ホテル




☆リンク トリビア「監督版DISC11」
スポンサーサイト

| 制作陣 | 00:00 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

制作発表会 記事

16日午後、仁川(インチョン)ハイアットリジェンシーホテルで、SBSの新水木ドラマ『シティーホール』の製作発表会が開かれた。
この日、製作発表会のオープニングでは15分程度の『シティーホール』の映像が公開され、劇中人物の紹介と基本的なストーリーラインの輪郭があらわれた。

映像鑑賞後に行なわれたインタビューでキム・ソナは、2005年の『私の名前はキム・サムスン』(MBC)で自身のトーレードマークになった「サムスン」が、新しい作品に出るたびに付いて回ることに対して負担にならないかとの質問に「どんな作品をしても“'サムスン”を振り切るのは難しいでしょう。私のどうしようもない宿命のようなものだと考えてます」と答えた。
引き続き撮影しながら、事故はなかったかという記者の質問に、キム・ソナは特有のジェスチャーを交えながら「どこの部分のことをおっしゃってるのか..本当に..」と言って製作発表会場を笑いの渦に巻き込んだ。
また劇中大韓民国の大統領を夢見て政治的野心家になったチャ・スンウォンは、台本上の「チョ・グク」という人物が、別の見方をすれば固くて真面目すぎる人物でないかという記者の質問に「おもしろい部分を最大限生かして、リスキーな部分は正統ドラマで調整して撮影に臨んでいる」と話した。

『シティーホール』は公務員からインジュ市の市長になったシン・ミレ(キム・ソナ)と政治的野望を持って大統領の夢を見るインジュ市の副市長チョ・グク(チャ・スンウォン)をはじめとして、インジュ市庁の人々の話を描いたドラマだ。

チャ・スンウォンとキム・ソナが共演するのは今回の作品が初めて。だが、二人は互いに絶賛しながら今になって共演することを残念がった。
『シティーホール』は小さな地方都市インジュ市の市長の席をめぐって、シン・ミレ(キム・ソナ)とチョ・グク(チャ・スンウォン)が行うどたばた選挙戦を描いたドラマで、29日スタートの予定だ。

(innolifeより)

| 関連記事 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『シティーホール』ポスター、目を引く理由が?

映画『old partner』のタイトル文字で実力を認められた手文字専門家チェ・ジウンデザイナーと“ポスター系統マイドスの手”ユン・ジョンファクデザイナーが、SBS新水木ドラマ『シティーホール』のポスター制作に参加して注目を集めている。彼らは、29日放送開始される『シティーホール』のタイトル文字作業を担当し、約50回の試行錯誤を繰り返し、最終作を完成した。

12402077077_1_20110201000946.jpg

3月初めから始まったこの作業は、約50個の候補作が誕生した。この中ドラマ主人公のチャ・スンウォンとキム・ソナ、イ・ヒョンチョル、チュ・サンミら出演陣の姿が最大限引き立つ作品が選ばれた。チェデザイナーは『この人でなしの愛』『old partner』『ホワイトビール』のCMタイトル文字などを手がけて有名になり、ユンデザイナーは『私の男の女』『銭の戦争』『糟糠の妻クラブ』『妻の誘惑』などの作品で、“ドラマポスター系統のマイドスの手”と呼ばれる第一人者だ。

ユンデザイナーは「市庁を背景にしたポスターイメージに相応しい字体が必要だったが、ちょうどチェデザイナーが若者の感覚に現在のトレンドとよく合う字体を作って、それを今回のタイトルの文字にした」と伝えた。『シティーホール』は、地方小都市で大統領を夢見る天才公務員ジョグク(チャ・スンウォン)と10級公務員から始めて最年少市長になるミレ(キム・ソナ)のエピソードを描いたロマンチックドラマだ。

(2009.4.20 joynews)
http://joynews.inews24.com/php/news_view.php?g_menu=700800&g_serial=409050



☆リンク <トリビア>「監督版DISC11」

| 関連記事 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シティーホール放送履歴

韓国放送
SBS 2009.4.29~7.2 (水木)
http://tv.sbs.co.kr/cityhall/index.html

初回視聴率13.9%、同時期放送が「たた見守っていて」
(日本では『アクシデント・カップル』)という強敵だったにも
関わらず、一度も首位の座を明け渡すことなく、最終19.6%で終了。
韓国でも多くの廃人を産んだドラマとなりました。

また、チョ・グク役は当初リュ・シウォン氏がキャスティングされていましたが、
諸事情で辞退、キム・ウンスク作家とシン・ウチョル監督コンビの前作『オンエアー』
主演のソン・ユナさんが『ジェイル・ブレーカー』『シークレット』(いずれも映画)で共演したチャ・スンウォン氏を推薦、電撃キャスティングで話題にもなりました。

ちなみにチャ・スンウォン氏はKBS『ボディ・ガード』から6年ぶりのドラマ復帰ということで、注目を集めました。

日本放送
●CS KNTV
2009.12.7~2010.2.
一挙再放送 2010.2.1~2.26
http://www.kntv.co.jp/cityhall/

韓国放送終了から5カ月後、ついに日本初放送されました。

●CS アジアドラマティックTV

http://www.so-net.ne.jp/adtv/content/kd_SO0000001881.html

アジドラが行った「2009年下半期最も見たいドラマ」で『アイリス』を抜き
1位になったことを受け、放送決定。
ちなみに日本版DVDが発売される前の放送はKNTVとアジドラだけで、
ここまでは音楽差し替えのないオリジナル版と言えると思います。


●CS ホームドラマTV
2010.10.19~放送中

日本語版DVD発売後の放送で、著作権上若干の音楽差し替えがあるのは
残念ですが、長さはカットされていないようです。

●BS BSジャパン
2011.2.2~ 毎週水曜22:00~22:54
http://www.bs-j.co.jp/cityhall/index.html

ついにBSに初登場!!
長さはやや短いですが、字幕ですし、十分楽しめるものになっていることでしょう♪
これからどれだけこのドラマにはまる人が増えるのか、楽しみです^^

| 放送履歴 | 11:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第1話

韓国のどこかにある小さな地方都市、仁州(インジュ)市。
またそのどこかにあるチョンガン里では里長選挙が行われようとしている。

その中をゆっくりと大股で、どこか懐かしそうに歩いている男がいる。
この里には似つかわしくない、グレンチェックのダブルスーツ。
鋭い目つき。
彼は何者なのか・・・

1-1_20110131004715.jpg



≫ Read More

| 各話あらすじ | 00:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。