PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第18話

ついにBBに屈したグク。
涙を流しながらこれ以上ミレを苦しめないでくれと頼む。
冷ややかな目で彼を眺めるBB。
そして政和党には残れ、ソウルにいろ、結婚もしろ…と条件をつける。

18a.jpg


「お前の母親は元気か?」と尋ねるBBに遠くにいる誰かを気にするあまり
近くにいる母を気遣えなかったというグク。
とめどなく涙が流れる…

ミレは部屋でグクの態度の変化の理由が分からず苦しむが
大丈夫だと自分に言い聞かせる。
そして翌朝出勤しようと出ると、庭の封筒にあったのは…
グクの作った身体放棄覚書。

18b.jpg

必死にグクを探しまわるミレ。
だがどこにもいないし、電話もつながらない。
留守電に吹きこみながら涙声になる。

市長室でグクが徹夜して作ったと言っていた身体放棄覚書を読むミレ。
楽しそうに作っているグクの顔が浮かび、その愛情いっぱいの内容に
ミレも涙と微笑みが浮かぶ。
こらえきれずクッションをあて慟哭する。

18c.jpg18d.jpg

グクも国会議事堂でミレの留守電を繰り返し聞き、涙を流すが
振り切るように削除する。
スインが本会議場に入るよう呼びに来て、グクは自分を落ち着かせるように
国会議員バッジを触る。

他の議員たちと宣誓をし、誓いを新たに。

18f.jpg18g.jpg


早速政和党の代理人として記者達の前で老子引用し、強烈に今までの
政治を批判し、それを政和党が変えて行くと演説。
その勢いと内容に記者達からも拍手がおこる。
総統からは野党と一緒にするなと注意を受けるが、逆に反省を示す事で
抜け出たというグクに総統も舌を巻く。
スインから行事があると言われ、そのまま仁州へ。

ミレはイ室長と主婦とお年寄りのための健康体操の講習会へ。
体を動かし、少し気が晴れたミレ。
休憩しながら先日のコヘからの申し入れをどう思うかイ室長に尋ねる。
もちろん逃すべきじゃないと言われ、そこに断られた道費も降りると
連絡がくる。
イ室長は立て続けの吉報に喜ぶが、ミレはいぶかしがる。
そこにスインから電話が。

18x.jpg


慌てて駆けつけると、スインがインタビューだとだまして連れてきた
グクの姿が。
食事をすることになり、レストランへ。
理由を聞きたがるミレにバカにしたような態度で別れに理由などないと
告げる。その上、ミレが以前言った一番イヤな別れ言葉まで持ちだす。

たまらなくなって席を立つミレ。
それを追いかけ食事していくよう言う。
ミレの「胸の中にあなたの部屋がある、そこから一生出られない」
という言葉がグクの胸に突き刺さる。

18h.jpg18i.jpg


ミレはあの丘へ一人で登り、涙を流す。

グクは自宅の庭でため息をついている。
そこへお母さんがお茶を持って出てくる。
あの方から元気かと聞かれたと言うと死んだと言ってくれという。
BBとうまく言ってないと分かり、お前まで苦しめないでといい
部屋へ戻っていくお母さん…

次の日早く登庁したミレ。
市長室には未だ喧嘩中のイ室長の姿が。
コヘとの話を進めようというミレ。

会議でコヘの言う工場がリサイクルエネルギーを作る工場だと分かる。
環境への影響を心配するが、1000億ウォンの経済効果を産むと告げる。

会議の後でまた2人の時間をもち、礼を述べるミレ。
コヘはグクと別れたことを知っていると言う。
思ったより早く休止符が出ましたね、と言われ
「自分は終止符でも休止符でもない、カッコだ」というミレ。
「彼の隠れた意味が私なんです」という言葉にコヘの顔色が変わる。
「あなたが思っているような人とは違う、楽しくてロマンチックな人だ。
そして、まさか幼稚な嫉妬で内助をやめたりしませんよね?」と先日言われた
ことをそのまま返し、ミレは席を立つ。

18j.jpg

室長と一緒にリサイクルエネルギーの危険性を専門家に聞きに行くが、
設計の面では問題ないと言われ、市議会の了承を得ようということに。

コヘと婚約指輪を見に来たグク。
どうでもいいと言うグクの態度にミレの言葉も思い出されて、険しい顔のコヘ。

18k.jpg18l.jpg

時間が空いたグクは、ミレのポスターの貼ってあるお粥屋で一人昼食を…

仁州市議会では早速工場の誘致がかけられている。
これはミレの手柄ではなく自分の手柄だというジュファ。
上程案は可決されたが、何か考え込んでいた議長は旧知のBBを訪ねる。
その裏にBBと大韓グループ会長の匂いを嗅ぎつけ、真意を確かめに来たのだ。
やはり、ただならぬものがあると分かったところへ、グクが入ってきて、
議長は帰っていく。

グクに環境法の改定案を作って持ってこいというBB。
BBの真意を考えるグク、スインにヨーロッパの廃棄物輸出業者のリストを
持ってこさせ、リサイクルセンターの計画案を送る事に。

18o.jpg

市長室にやってきたのは、先日の地元有力者の2人。
グクの名刺をだし、選挙戦の時渡され、ミレを当選させれば恩恵があると
言われたと話す。
工場誘致の話を聞きつけ、今こそ恩恵に預かろうとやってきたのだ。

2人が帰った後、BBのグクに操れる人間を市長にするよう命じたという言葉や
選挙の時のグクの言葉が浮かんでくる。

18p.jpg18q.jpg

工場誘致の件で忠告しておこうと市政報告にミレを呼ぶグクだが
やってきたのはイ室長。
結局住民説明会へ行く事に。

ミレはグクの名刺を手に、今までの流れを整理して自分が市長になったことも
含め、今度の計画に自分の知らない大きな裏が隠されているのではないかと思う。
何かは分からないが、まずそれを確認しようと住民説明会を中止するが、
とりあえずここは通した方がいいという考えのグクはミレ抜きで
強硬開催してしまう。

それを知ったミレも車で駆けつけるが、すでに住民たちが出てくるところ
相場の3倍で土地を買うと言ったらしいコヘの大韓グループ。

そして最後にこれ見よがしにコヘの肩に手をまわしてグクが降りてくる。
ミレは選挙でグクが何をしたか知っている、でも自分を信じてくれた人が
1人でもいるなら、その人の為に市長を続けるという。
そして工場誘致も白紙に戻すと宣言、あっけにとられるコヘと
少し嬉しそうなグクを置いて去っていく。

18r.jpg18s.jpg

食事をしながら本当にシン市長はサインしないかもしれない、というグクに
それなら市長を変えるまで、というコヘ。

MOU締結の日、会場で待ち続けるコヘだがミレは来ない。
市長室にやってきたグクはミレがサインしなくても、検察の再調査を受ければ
その間に副市長がサインする、だから今すぐ言ってサインしろという。
睨みつけるように目線をあわせる2人。

ついにグクと一緒にミレが会場へ。
勝ち誇った表情のコヘはさっさとサインをすますが、ミレはどうしても
サインができない。
心配そうなグクが見守る中、ついにミレはペンを置いてたちあがり、
締結を暫定的に延期すると告げる。
そして計画そのものも再検討すると。
会場の土地をもっている住民たちからは書類と怒号が飛ぶ…。

18t.jpg18u.jpg
18v.jpg18w.jpg



| 各話あらすじ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cityhall4ever.blog136.fc2.com/tb.php/115-1d4ba31c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。