PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ソナさん終了所感

【キム・ソナ、“ドラマ『シティーホール』は私の人生最高の作品”】

‘国民俳優’キム・ソナが最近放映終了を控えているSBS水・木ミニシリーズ‘シティーホール’(脚本:キム・ウンスク/演出:シン・ウチョル)に向かった愛しい放映終了所感を明らかにした。

キム・ソナは“ドラマ‘シティーホール’を通じて一生涯得ることができないような多くのものなどを一度に感じさせてくれた大切な作品だ”と明らかにした。

彼女は“撮影ずっと海千山千という言葉が面目を失うほど走って倒れて泣いて笑って、また、タマゴ洗礼にあってみたりもしたし特にトマトケチャップでごちゃ混ぜになった場面では目にケチャップが入ってしばらく苦労することもあった”として“忙しくてつらい撮影だったが俳優でそして性格的に一歩成長できる大切な機会を作って与えた意味ある時間だった”と伝えた。

また“地方小都市の末端公務員から女性市長の席にまで上がることになる‘シン・ミレ’キャラクターの特性上初回から最後の会に至るまで瞬間毎瞬間変わる感情の起伏を表現することが難しかったのが事実だが、これを契機に感情演技のテクニック的な面もまた習うことができた”と話した。

引き続き“‘シン・ミレ’を通じてキム・ソナを探すようにした監督様と作家様、そして色々な先・後輩俳優様とすべてのスタッフら、そして最後に最後まで愛しい視線で眺めて下さった視聴者皆さんに心より感謝の言葉を差し上げる。 今後も良い作品、良い姿にお伺いできるように最善を尽くすだろう”と付け加えた。

‘シティーホール’で地方の末端10級公務員で庶民らの哀歓を代弁する女性市長の席にまで上がる位置づけの女性キャラクター‘シン・ミレ’役に熱演を広げたキム・ソナは特有の素朴で身近な魅力を土台に才気はつらつなコミック演技と感性演技が絶妙の調和を作り出して‘国民俳優’の名声を遺憾なく発揮した。

一方、キム・ソナをはじめとする俳優らの好演と共に現政治の問題点を鋭く指摘し出し、視聴者たちの共感を形成、大いなる関心を呼びおこしたSBS水・木ミニシリーズ‘シティーホール’は初回から水木劇王座の席を逃さず有終の美をおさめている。

(2009.7.3 breaknews)
http://breaknews.com/sub_read.html?uid=105152§ion=sc4

2009070328466936.jpg

| 関連記事 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cityhall4ever.blog136.fc2.com/tb.php/122-d26b364c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。