PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

政治がファンタジーに

【『シティーホール』、政治でファンタジー見つけた秀作】

SBS水木ドラマ『シティーホール』(脚本キムウンスク、演出シンウチョル)が4日、夢のような政治の世界を描き出して幕を閉じた。

4日に放送された最終回では、シン・ミレの市民のための政治が圧勝を収め、国を思うままにしていた大物政治家や世界的な大企業まで折っておいた。 もちろん、これは彼らのアキレス腱である天才的な官僚たる恋人と、やはりこれに劣らないほどの企業家の娘が力を合わせたおかげでもあるが、シン・ミレの勝利は、政治に対する静かな純情を保障した初心者の政治家があったからなのだ。

また、『シティーホール』自体はコミックメローそして政治との結合の勝利でもある。 『シティーホール』の視聴者たちは笑顔で始めて、熱い涙を目に浮かぶようにする『シティーホール』の独創的な構成力に敬服しており、これは視聴率も20%に迫る視聴率をあげて、その試みはかなり成功したことを証明した。

『第5共和国』流の政治ドラマは、去る

過去の政治ドラマはただの政治ドラマであるだけだった。 深刻な表情で一貫した男性の中堅俳優たちはいろいろな種類の比喩的な表現たち暗鬱な政治の世界を見せてくれた。 政治ドラマはただの事実に準拠したものだけを描いて重いように重くなり、彼らの笑いは、冷笑とむなしい笑いが全てであった。

しかし、『シティーホール』は破格的だった。 当初、キムウンスク作家も、政治ドラマはないことを明らかにしたが『シティーホール』は、内容の70%は、政治的現実のものだった。 視聴者たちはディテールに描かれる微妙な政治的暗闘と政治の世界を見ながら、真剣さよりは、まるで難しい数学の問題を頭にさっさと入ってくるように問題解説する良い先生に会ったように、政治的に容易に見入った。 絶妙に合致する状況の連続と派手だが、状況に密接なセリフが紡ぎはじめに笑いまでにのせて置くキムウンスク作家の実力は卓越していた。 キムウンスク作家が『シティーホール』を自分の力作だと表現したのは、過言ではなかった。

政治もファンタジーになることがある

政治は常に過度に現実的だった。 他の分野に比べて、何も夢見るように作ることができない唯一無二の分野であるかもしれない。 私たちは政治家、政治家がこうだったらいいなという希望を持つことよりも、あんな醜い姿でも思わず見えるように願うことが私たちが望むことができる最上だと考えてきた。

しかし、『シティーホール』の仁州市は、シン・ミレは政治家でも、ファンタジーがいていることを見せてくれた。 私たちも十分に『理想的』とだけ感じていた世の中を夢見ることができると言ってくれた。シン・ミレのようにただ市民のためにだけ、仁州市民が私益は捨ててお互いのためにそして今その場は自分たちのことを奪っていくように見られるが究極的には自分たちになくてはならない辻だけ精力剤のようなシン・ミレを受け入れる成熟した市民らが作り出す都市が、国家ができる話す。 話にもならなく見えたその世の中が20部作ドラマを通じて繰り広げられながら視聴者たちは少しは夢を見ることになったことだ。

それが'シティーホール』が残した最高の贈り物だ。

(2009.7.2 mydaily)
http://www.mydaily.co.kr/news/read.html?newsid=200907022349361110&ext=na

| 関連記事 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cityhall4ever.blog136.fc2.com/tb.php/124-c57f4108

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。