PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドラマ評

【[シティーホール①]かたい政治ドラマは去りなさい'地図変えた'】

SBS水木ドラマ『シティーホール』(脚本キム・ウンスク・演出シン・ウチョル)が2日放映終了する。

『シティーホール』は部屋領内内同時間帯視聴率1位を占めて人気を集めてきた。 シン・ウチョル、キム・ウンスク コンビがもう一つの大当たりドラマを誕生させた。 このように人気を集めた『シティーホール』の力はどこから出てくるということだろうか。

◆'固さ'がない政治ドラマ?

事実製作スタッフは『シティーホール』を最後まで政治ドラマでないと主張している。 特にキム・ウンスク作家は「ドラマが政治ドラマと映らなかったら良いだろう。 私が政治に対する哲学があるのでなく普通の人が知っている程度だけ分かる。 政治という大きなテーマを入れようとしたのがなく空間が市庁だと見るとどうにもならなく出てくる部分らが政治とひもがついたのだ」と話した。

だが、シン・ミレ(キム・ソナ)とチョ・グク(チャ・スンウォン)のメローがないならこのドラマは'第0共和国'シリーズのように'仁州共和国'に値する。

市長と国会議員選挙を囲んだ各種重傷謀略と暗闘などが写実的に描かれたためだ。 このような重い主題を解きほぐしているけれど『シティーホール』はチョ・グクとシン・ミレのメロー、演技者らのコミカルな演技がより増してやわらかいドラマに変身した。

チャ・スンウォンは『シティーホール』に対して「正劇と喜劇を巧妙に綱渡りする作品」と説明した 正劇がかたい政治の話ならばこれを喜劇的な部分で抱き合わせ包んでみること気楽にさせたしこれが視聴者を集めるのに大きい貢献をした。


◆シン・ウチョル、キム・ウンスク-チャ・スンウォン、キム・ソナ、コンビ プレー'グッド'

『シティーホール』のイヒョン現CPは放送前「このドラマは上手らが力抜いて作ったドラマ」と評した。 このようなそっくりあらわれた。

すでに『パリの恋人』、『プラハの恋人』、『オンエアー』などで餅呼吸を見せたシン・ウチョルPDとキム・ウンスク作家コンビは『シティーホール』でも完ぺきな呼吸というのはどんなものなのかを見せた。

すでにキム作家は「私がしたドラマ中に一番笑わせるドラマになるようだ」と宣言したことがあってこの宣言を作品で証明した。

チャ・スンウォンとキム・ソナはすでに色々なドラマと映画を通じて認められたコミック演技内面空白を『シティーホール』で遺憾なく発揮した。

シン・ミレに対して「今まで演技してきた人物中最も明るいキャラクター」と決めつけたキム・ソナがドラマの中で卵とトマト洗礼を耐え抜いたことは有名なエピソードだ。 チャ・スンウォンやはり'チャガンジ'というニックネームまで得てスタイルと演技力を同時に認められた。

ある放送関係者は「『シティーホール』は我が国ドラマの新しいジャンルを開いたといっても過言ではない。 ところでこういう実験的なドラマが放映ずっと同時間帯1位を占めたとのことはかなり鼓舞的な現象だ"と評すこともした。

(2009.7.2 asiae)
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2009070108484924002&nvr=y
200906182309200775742A_1.jpg


| 関連記事 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cityhall4ever.blog136.fc2.com/tb.php/128-de2f5e25

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。