PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あの一夜<15禁>ラストは爆笑だった!?

何かと話題になったあの15話『ベットシーン』
グクが国会議員に当選した日、ミレがチキンを届ける・・・
そうあの一夜でございます。台詞も良かったね(それは別記事で)
 
〈涙の再会、そして美しかった彼らの初めての夜〉

201004262346220c3.jpg


★演じたチャ・スンウォンは
 「スキンシップに制限があると、かえて不自然な演技になります。
  あの時の放映視聴率が17%位でこのシーンで20%以上にしょうというのが
  私たちの目標でもあり、責任でもあった。
  そんな意味があって、もっと強烈なものを見せる必要があった。
  その時、他局でも同じ時間に放映していたドラマが3つほどあったが
  我々のほうが視聴率一位を取るという自負心があったので、
  脚本家に相談しようと思っていた時に、
  丁度このシーンがあったのでちょっと張りきっちゃいました。」

チャ・スンウォンは張り切っていたようですが  

★監督
 「キスシーンでスキンシップをどこまで要求して良いか悩んでいたのですが、
  何の指示する必要もなく二人で話し合って上手にやってくれた。
  実はそのキスシーンがリアル過ぎて
  ローソクを使って部分的にカムフラージュした
。」

★脚本家
 「私があまりにも「15禁」を気にしすぎたかもしれない。
  抑え気味に、抑え気味にと言って。
  前に放送教会から罰を受けたことがあって・・
  「恋人」の時もベットシーンが問題だった。」

チャ・スンウォン、「9歳。「9禁」じゃないのか!?
          キャンドルはどこの業者だ?
          PPM間接広告じゃないのか~?」 って(笑)

そこで、【監督版DVD】では、
要望の多かったベッドシーンの「ロウソクなしシーン」がチラッと入ってますよ!

★脚本家 「DVDを買ったら観られるんですね?」
★監督 「今、編集しているので、もっと長く、もっと長く (笑)」

152.jpg


本編にはないこのシーン↓ 笑ってくださいな~~






画像が良くありませんが、ごめんなさい。

15.jpg


シン・ミレがそーっと去った後、
グクは本当に幸せそうに笑って、ベッドの上で飛び跳ね、転げ落ちるのよ  
コメディタッチの演技スンウォン~最高~

<written by zukka>

| トリビア(監督版DISC11) | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cityhall4ever.blog136.fc2.com/tb.php/16-d213f5b6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。