PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第9話

チキン屋にミレの仲間が集まっている。
「勝利党のマスコットガールになれ」などと見下した態度をとるジュファに怒り心頭、
市長になると言った時のジュファの驚いた顔を得意げに仲間に話すミレ。
そんな気はないし、出馬しても票が集まらないなどと話している所へブミからの電話が。

家に帰るとブミが待っていた。
明日住民票を印鑑証明と税金納付確認書と一緒にこの前のお金をくれ、無愛想に言う。
再就職に使うと言われ、素直に喜ぶミレ。

9-1.jpg







道知事達とゴルフに来ているグク。
コ市長の件を褒める道知事。自分の口説いた人を補欠選で手伝えというが、
グクは違う人を立てるという。スインはミレの事だと気付く。
グクは自分側の人物を市長にできたら国会議員の公選権をくれと交渉。
道知事は裏切ったなと憤るがグクは涼しい顔。
スインもグクの魂胆が分からず、クビにしてくれと言うが、
やはりグクにとっても必要な人間のようだ。

9-2.jpg

ジュファは実家の父親に市長選に立候補してくれと会いに来ている。
今も奥さんが大好きだという父に、かつての母の初恋の人の名をあげ、
彼が立候補するからパパも立候補して、とねだる。

いちご農家に指導にきているイ局長に選挙管理委員会から電話が。
ミレが立候補の届け出を出したという。

ミレもブミから自分の届け出を出したと聞き、しかも渡した賞金を供託金にした
と言うので仰天し、イカれてると責める。

グクを呼び出したイ局長。
グクが仕組んだことだろうというと悪びれもせず、あっさりそうだという。
しかも手伝ってくれるのかなどと言い、本人が知らないところで勝手に
届け出を出して振り回す事が信じられない局長はグクを殴る。
そこへミレから電話が。

9-3.jpg

ミレは選挙管理委員会へ立候補の辞退を掛け合いにいくが、
合法的な届け出だから撤回できないしお金も返せないと言われ
途方に暮れる。

グクはブミと会っている。
イ局長には自分の事は内密にというが、ブミは秘密にしたくないからと言って
グクから預かった寄託金を返し、これでミレを市長にしてくれと言う。
そしてミレがどれだけ純粋でウソがなく、いつも本気なのかを話す。
あんないい子は市長になれない、だからこのお金で手伝ってくれと。

9-4.jpg

ブミがお粥屋にもどるとミレと局長が待っていた。
どうしてこんなお金を無駄にすること怒るが、
15%得票すれば全額もどってくると言う。
そして当選して自分を復職させてくれという。
ミレはおかしくなりそうと泣きながら出て行く。

ミレが出て行った後、最初は副市長に説得されたが、自分がやりたくて
サインも集めたというブミに、グクの魂胆を話すイ局長。
自分の操りやすい人間を市長にしようとしていると言うが、
ブミもそこまで気付いてなかったようだ。

ミレはお母さんの店先で15%獲得するにはどれだけ得票
しなければいけないか計算し、頭を抱えている。

そこへグクと家族が市場の人に挨拶しながら登場。

お久しぶりですとミレに他人行儀に挨拶するグク。
気まずい雰囲気の中、この人は誰?と連れていた子供に聞かれ口ごもるグク。
ミレもこの子がグクの子供かと気付く。
結局苦し紛れに「パパの同志だ」と紹介し、母にも紹介しようとするが、
生臭いのが我慢できない母はとっとと出て行ってしまう。

9-5.jpg


帰ろうとする車の中。
子供にまで愛想をとらせねばならないことが申し訳ないグク。
母は水商売をしたいというが、グクに自分のイメージのためか花屋は?
と勧められ、それが気に食わない。
車を発進させたところへ、ミレが飛び出してきて急停車する。

グクの車に乗り換え、海の見える高台にやってきた2人。
出馬の決心がつかず、何度もグクに確かめるミレ。

グクも半分うんざりした顔をしながらも当選すると約束する。
そして当選したら、自分の要求をのんでくれるかと尋ねると、
ミレは内容も聞かずええ、と答える。
驚くグク。

すると、今まで親しくなった男はみんな同じ事を言った「うせろ」と。
いい男を見つけろ、友達でいようなどと都合良く扱われてきたことに呆れるグク。
彼らの連絡先を教えろというと、一番サイテーなのは「この人は僕の同志だ」と
言った(グクの事)という。
ミレは旅行での事や、この前の一緒に旅行に行きたかったという発言が
気まずくて、家族の前でごまかしたんだと思い、小娘じゃないんだから
分かってます、と言おうとする。

グクはその言葉をさえぎって
「勇気をもって言ったようには見えなかった?」とちょっと傷ついた表情。
「悪い男なのは認めるが、卑怯な男にはさせないでほしい」と真顔で言う。
見つめあい、立ちつくす2人。

9-6.jpg

副市長室ではミレの立候補を知り、誰かが止めろと激怒する副市長。
結局3局長が説得することに。

自信満々で引き受けたムン局長のいう手段とはイ局長だったが、もちろん断られる。

選挙管理委員会にはミレ以外の立候補者たちが揃っている。

結局供託金を無駄にできないから、15%以上の得票をして返してもらおうと
決心したミレ。
畑仕事中のイ局長に協力を頼みに行くが、ミレの学歴や経歴を持ち出し、
カネもないのに誰が投票する?と突っぱねる。
それを聞いたミレは思わず政治がそんなに偉いことか?貧しい人には施し、
金持ちには分け与えさせる。自分はコ市長よりはいい市長になる、と反論する。

ミレを試していたイ局長、金のためかと心配したが、違うなら応援すると言う。
やっぱり本音では金のためのミレだが、明るい顔のイ局長に言いだせない。

チキン屋でさっそくミレもあきれるくらい幼稚な言い争いをするグクとイ局長。
事務所はチキン屋を使うことにする。

次は選挙ポスターの撮影。
みんな自分のコンセプトを譲らないものだから、全部撮ってみるミレ。
結局、コンテストの時の写真を使う事に。
頭と腕にはワンダーウーマンの王冠とブレスレットが。

貼ってあるポスターをグクと見ながら実感が湧くミレ。
さっそく一人が立候補取り消しになり、喜んでいると記者達が取材に。
用意もなく色々本音を口走りそうになるミレをグクがブロックして連れ去る。

運転しながら、これからは自分に相談してから口にするようにいうグクに
お腹すいたとか眠いとかも?バカとかまぬけとか…愛してるとか…これも?と
確認する。
ちょっといい雰囲気だったのに、そこにコヘからの電話が。
ミレの顔を伺いながらグクは「俺も会いたい」と言いづらそうに言うが、
電話を切った後さすがに気まずく、ミレを下して去ってしまう。
それを見送るミレ。
やっぱり自分が好きなような事を言っても、婚約者から呼び出されれば、
自分を置いて行ってしまうのか…

9-8.jpg

会いに行った先はコヘの勤めるギャラリー。
父の会社の系列の製菓会社やギャラリーで働いているらしい。

変わりない?と尋ねるコヘにああと口ごもるが、すでに辞表を出した事を
知っていた。
国会議員選挙に出馬するというグクに驚くコヘだが、BBが手伝ってくれる
なら見込みはあるという。

「嫌でも手伝うことになる、俺にはバックがあるから」と言い、
それが自分であるとはっきり言うグクにちょっと呆れるコヘだが、
自分を利用してもいいから、将来青瓦台に入るときは自分を横に
立たせてくれ、というコヘ。
お互い夢の為に利用し合っていても平気なのか。

さらにミレの立候補とグクが手伝っている事も知っていたコヘに驚くグク。
コヘは彼女なら操れる、彼女を市長にするために自分が必要だという。

9-10.jpg

帰り道、考え込んでいるグク。
ミレとのテントでの一夜を思い出している。

イビキをたてるグクに安心したミレはグクのほうを振り返り、
思わず手を伸ばし、そっと顔に触れてみる。
しっかりした眉、まつ毛、高い鼻…そして頬を触り、唇に…
というところで、寝たふりをしていたグク、手を掴み、
「触り続けたら襲いますよ」という。
消え入りそうな声で「失礼しました」というと恥ずかしくて背を向けて
一生懸命寝ようとするミレ。
そんなミレに外で寝ると声をかけ、テントを出たグク。

9-9.jpg

ミレも借りっぱなしのジャケットに触りながらグクの事を思っている。
立場も違い、婚約者の存在が気になる2人。

翌朝チキン屋の事務所にやった来たミレ。
昨日の事でちょっと気まずい2人。

選挙費用の話をするイ局長。
車や選挙員の諸経費で3億ウォンかかったという話を聞き、顔面蒼白のミレ。
借金の担保もないし。

一部なら貸します、とイ局長が言ったところへジュファが入ってくる。
聞き捨てならないジュファ。
ロミオとジュリエットにしないでという。
義父も立候補しているのにミレを手伝っているイ局長に怒っているジュファ。
しかもお金を貸すだなんて。

ジュファはミレの代わりのマスコットガールや運動員たちと
お金の入った餅を商店街に配っている。
もちろん選挙違反だが、市民も断れず受け取っている。

9-12.jpg

ミレは金策の為に卒業アルバムを見ながら電話をかけまくっているが、
切られたり言いだせなかったり、うまくいかない。
そこへグクが現れ、解決しに行こう、という。

向かった先はいつものホテル。
お金持ちの後援者が中で待っているという。
選挙員を使うのも、彼らの人脈を使うからで、そのためにも公約より
金だといい、先に入って行く。
一体誰が待っているというのか…。

不安で一杯で部屋に入ったミレ。
緊張した顔で座っているが、私がお金をもらって後援者が得る物は?と尋ねると、
あげられるものは?とうグクの答えに、寝ていけということかと誤解する。
グクもそのまま、ベッドは寝心地がいいなどというものだから、ミレは激怒し、
お金ももういいから選挙には出ない、と言って帰ろうとする。

そこへコヘが登場。
驚いて2人の顔を見比べるミレ…

9-11.jpg

| 各話あらすじ | 00:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして☆

 初めておじゃまさせていただきます。
BS放送から見始め、気になりレンタルで全巻借りたらこんなに大爆笑&号泣&胸キュンするなんて!!そして見事なまでの完璧なグク堕ちしました…
 ずっとサイトを見させていただいてました☆皆さんのシティーホールのへの想いが熱くて、そして私も日に日に溢れて収拾つかなくなっちゃったので、想いをぶちまけに参加したくなりました(笑)
 毎日、寝る前にグクとミレのあんなシーンやこんなシーンを妄想しながら眠りにつくのが日課になり早2ヶ月です。韓ドラでこんなにハマったのはこれが初めてかも…抜けれそうな気がしない(笑) これからもいろんな情報教えてくださいね!
  

| こはちゃん | 2011/03/31 17:56 | URL |

こはちゃん

はじめまして、こんにちは^^
そうでしょう!嵌るとなかなか抜けられないですよ~
(脅かしてどうする・・)
このサイトを見ていてくれていたのですね。
ありがとう~
これからも多分スローペースの更新?だと思いますが、
熱い気持ちは変わりません。お付き合いよろしくね♪

| zukka | 2011/03/31 21:23 | URL | ≫ EDIT

ググのウインクがツボー

ゴルフの帰り、スインと車の前でやりあうシーン
裏切りは俺も同じだと、スインに車のキーを投げて
ウインクのあのスンさんならではの表情つくりにキャー!
なのですが、上手くキャプチャもできず時間もなく(汗)
記事にできませんでした。
ここで、言わせて貰いました~

それと、外せないのは
「不安な愛」をバックにした「テント内ググの顔さわりシーン一連」は名場面中の名場面です!

| zukka | 2011/03/31 21:31 | URL | ≫ EDIT

 zukkaさんこんばんは~
さっそくのお返事&名場面ありがたやです。
 このテントでの顔さわりシーン、ミレがグクのスーツもちながらの一人タンゴをひそかに見つめるグクのシーンに続き号泣ポイントでした(泣)お互いが何かしら想っているのに、進まない中での微妙な空気がまた切なさを妄想させるんですよー
 12話ぐらいかな、ミレが市長になって仁州市の未来をグクに話すあのシーン…もうボックスティッシュが離せなかった(笑)
 何だろう?やっぱりスンウォンさんの目つきが涙を誘うのかなぁ…
 今夜も妄想にふけりながら眠りにつこお~っと!夢にグクがでてきますよーに…♪
 
  

| こはちゃん | 2011/03/31 22:49 | URL |

こはちゃん

Hi!

名場面ばかりで大変なことになりそうなのですが、

やっぱり、このテント回想シーンは王道なので
記事にしておきました。
泣けるよね~
でもこの後のグクが!とまた余計なことを(汗)
では、また~

| zukka | 2011/03/31 23:29 | URL | ≫ EDIT

zukkaさん♪

昨日のBS、ゴルフ場からの帰り、スインとのやりとり自体が
ばっさり…だったね^^;

| mim | 2011/04/01 00:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cityhall4ever.blog136.fc2.com/tb.php/39-6677a1d5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。