PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『Por Una Cabeza ポル・ウナ・カベーサ』

タンゴはあの名曲です。

タンゴのシーンを見ながら、
1992年の映画「セント・オブ・ウーマン(Scent of a Woman)」
この映画のダンスシーンを思い出しました。
名曲ですよね~

アルパチーノとチャ・スンウォン、どちらがお好みですか?

野暮なことを聞いてしまいました・・

ふふふ  勿論、city hallerの皆さんはチャ・スンウォン~ですね!

(アルパチーノも渋くて素敵です・・踊りがまたいいよね)

『Por Una Cabeza ポル・ウナ・カベーサ』
 アルゼンチンの作曲家・歌手・俳優のカルロス・ガルデルによる1935年のタンゴ。


                                   <z>

| シティーホール・豆知識 | 01:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

同じくです(^_-)-☆

 私も、このタンゴのシーンでセントオブウーマンのアル・パチーノのタンゴを踊るシーンを思い出しました。
勿論、チョ・グクの方が好きです。
若い頃のアル・パチーノは好きじゃなかったけれど、この映画くらいから、素敵だなと思うようになりました。セントオブウーマン映画も音楽も好きで何回も見ました(^^♪
 シティホールもそうですが、好きになると繰り返しみてしまいます~しつこいかな(笑)
遅れましたが、☆シティホール☆ファンサイト、openおめでとうございます。

| Alice | 2011/02/05 13:39 | URL |

Aliceさん

こんにちは^^
同じく映画好きで嬉しいです。
何度も繰り返し見てしまうのもは同じです(笑)

アル・パチーノのタンゴは洒落てますよね。
この映画で彼は目が不自由な役ですが、タンゴのシーンはそのことを忘れてしまいます。

グクももう少し年齢を重ねると、こんな感じで踊るかも知れませんね。

| zukka | 2011/02/06 07:40 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cityhall4ever.blog136.fc2.com/tb.php/75-922b4cfe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。